車検車と改造

まず、自動車に関わる法律には、車両法という法律があります。昔は、規制が厳しく改ベッド造車を申請して検査をとおし、認定して車検証を発行するなどは大変厳しいものがありました。時代と共に規制緩和がすすみました。これは、現在では国内10番目の自動車メーカーの功績もあります。今では、個人のアイデアやパーツショップの商品がフィードバックされてメーカーが純正として販売するケースもトラックをはじめとして販売されています。

この様なことを考えた場合、改造を手掛けることを得意とするショップに依頼し、申請の手続きを行って貰うと安全や環境などの技術基準に適合してなお且つ自分だけの車に乗ることが容易になる可能性が高くなります。ショップは、長年の実績も重ねていますし、様々のテスターが完備されていますからショップと相談して対策を講じながら作るのがベストです。
例えば、オーバーフェンダーひとつをとっても素人では解らない、細かな基準が規定されています。適当に社外品を取り付けただけでは認定されません。車高を変更することも同様で、それぞれの基準は時代と共に改正されます。
車両法として色々なことを定めているのは、その車が公道を走行する時、突起物が無いなどの様な安全性や排気ガスなどによる環境保護などを重要視しています。これを遵守しつつ対策していくことです。