未分類

公認対策とは、主に改造を施した自動車が車検に不合格になった場合に行われる対策方法のひとつです。
一般に改造車で車検が通らなかった場合の対策としては不合格になった部分の部品を車検時にノーマルに戻して、車検に通してしまうという方法があります。車検が通ったあとは、再び部品を取り付け改造を施すというものです。しかしこの方法では基本的に車検には通っているものの、車検不合格の状態であるため、何らかの違反を行った場合や取締のさいには整備不良として検挙されるリスクがあります。
もう一方の対策としては、車検時に部品をノーマルに戻すよりも取得に費用と時間が掛かりますが、陸運局に申し出て構造変更検査を受けて変更箇所を登録したり、また軽微な変更の場合には記載変更などを行うという方法があります。これは改造車であることを認めてもらうものす。ただし、改造のすべては必ずしも認められるものではなく、程度によっては認められないケースも多くあります。しかし一般には保安基準等の法律を満たしてれば認められるケースが多くあります。これらの申請が認められることで、車検に通ることができ、改造車であっても整備不良で検挙されるリスクをなくすことができます。

日本の公道を走行するには、決まった保安基準をパスし車検に合格した車両にしかナンバープレーが交付されず走行ができません。
この車検検査新車を除き、2年に1回行う必要があります。
今日では、自動車を改造し車高を落としたり、マフラーを交換することが流行っています。
しかし、保安基準でこのような変更に対し厳しく規制値があります。
車高は最低地上高が9センチ以上、やマフラーに対しては加速騒音規制などがあります。
車検をパスしてしまえば、次の車検までは基本的には国の検査はありません。
その間にパーツを交換し保安基準外になってしまった車両は、次回車検時に、保安基準内に収まるように元に戻す必要があります。
車高が低すぎる場合は、車高調整により車高を上げる、マフラーの音量が大きすぎる場合はインナーサイレンサーを入れるなどし対策が必要です。
他には、ドレスアップでホイールをインチアップしている場合も注意が必要です。
大きなホイールを装着し、車体よりはみ出している場合や、純正と比べて直径の異なるタイヤを履いている場合は、速度メーターに誤差が生じるため、これも保安基準外になり、検査に合格しません。
純正のホイールタイヤは捨てずに車検用に保有していることをお勧めします。

車の車検が不合格になってしまったときは、どのように対策をしたらよいのでしょうか。
指定整備工場や認証整備工場なら修理をしてもらい、交換を行ってもう一度受ける必要があります。
また、ユーザー車検の場合は自分で整備が出来るなら、ダメだった部分を修理するかまたは交換するしてから同じように再検査になります。

車検に合格出来なかったときは、全ての検査をやり直す必要はなく、合格出来なかった箇所だけの再検査になります。
当日なら無料ですが、一日に3回までしか検査は行えません。
また、再検査を2回しても合格出来なかったときには、また受けるときに検査手数料がかかります。
もし、自分で整備不可能な場合は、業者に依頼した方がよいでしょう。

合格出来なかったときには、限定自動車検査証がもらえてそこに合格しなかった箇所が記載されています。
これを持って指定整備工場で車検を行う事で、運輸支局での検査は必要ありません。
また、指定工場などで受けるときには修理や交換、車検代はかかります。

限定自動車検査証の期限は、15日以内なのでこれを過ぎてしまうと検査自体のやり直しになってしまい、また全ての検査を受けることになります。
また、重要なのは車検証の有効期限を過ぎないことで、ぎりぎりで受けて合格出来ないときには公道を走ることも出来ません。

自動車は新車から3年目、それ以降は2年毎に車検を受け、それに合格しなければ乗り続けることができません。通常、特に大きな不具合がなければ車検に合格します。ディーラーや整備工場などで車検を行った場合、車検に通らないような個所があれば、まずその部分を修理したり、部品を交換したりして、車検に通るようにします。また、今回の車検には通っても、2年後までには不具合が生じそうな個所も一緒に修理・交換するのが普通です。

車検の合否を示したチャートなどを参考にすると、どのような車が車検に通らないかがわかります。たとえば、ブレーキ一つとっても、パッドの残量が基準値を下回っていたり、ブレーキを踏んでもブレーキランプが点灯しないという状態であれば車検は通りません。また、タイヤのケースでは、溝が1.6mm以下であったり、幅があり過ぎてフェンダーから少しでもはみ出しているような場合も車検に通りません。

したがって、消耗品などは車検の際に交換してしまうのがオススメです。また、カスタマイズする場合は、車検に通る規定値内でカスタマイズする必要があります。純正のパーツであれば問題はありませんが、社外製品の場合は車検に通らない場合もあります。

自動車を改造したり、ドレスアップを行う方が存在していますが、愛車を好みのスタイルに仕上げることに関しては、古い時代から注目されていることになり、専門誌なども発行されている状態になります。現在では特に高性能なパーツ類や、魅力的な外装品なども多数発表されていて、メーカーの純正品だけではなく、社外品も車種によっては数多くのものが発表されています。そんな中、改造を行うことに関しては一定のルールというものがあり、車検証で言う記載変更が必要とされる内容を持っているものがあります。しかし、記載変更に関しては、該当車両の場合では手間がかかることや改造の内容によっては支払う税金に変動が発生することもあるために、中には一定範囲内での改造を行っている方も多く存在しています。範囲内での改造に関しては、例えば車高ダウンに関することがあります。最低地上高が10センチ以上であれば問題が無いとされており、いわゆるダウンサスなどを利用する際にも注意が必要とされています。エアロパーツ類に関しても、基本的には元々の車体のサイズを逸脱しない範囲でセッティングすることによって、大きな問題が生じることなく利用することができます。エンジンルームに関しても、排気量などを変更しない改造の多くは、範囲内として利用することも可能とされています。

車の改造の指定部品とは、自動車使用者の趣味によって追加や変更などをする確率が高い部品で、安全の確保や公害の防止上支障がないものとされているものです。
つまり、保安基準をクリアしていれば社外品に交換しても大丈夫な部品になります。

この部品は、ボルトや接着剤などで装着するときは、自動車検査証の記載事項の変更手続は必要ありません。
ただ、この部品を装着した車は「道路運椅子と絵画と花送車両の保安基準」に適合するものである必要があります。
また、この部品は予め決められています。

車体回りでは、エア・スポイラー、フェンダーカバー、フードスクープ、ルーバー、デフレクター、その他エアロパーツや、スキーラック、サンルーフ、窓フィルムやキャンピングカー用日除けなどがあります。
また、排気系ではエキゾースト、パイプ、マフラーカッター、車内は空気清浄器、オーディオ、無線機、自動車電話、その他音響機器類、走行装置はタイヤとホイール、操作装置はステアリング、ホイール、変速レバー、シフトノブがあります。

衝装置はコイルスプリング、ショックアブソーバー、ストラット、ストラットタワーバー、他にも火器類やミラー、フォグランプ、コーナーリングランプ、ハイマウントストップランプ、身体障害者用操作装置があります。
指定された以外の部品を交換すると、違法改造になるので注意が必要です。

今人気の車に乗っていても、周りの車と同じでは嫌だと感じる人は少なくありません。そんな人にオススメなのはオプ椅子03ションパーツにより車に個性を出す方法です。オプションパーツは様々な場所で販売しています。まずは車の購入したディーラーでのパーツ購入です。ディーラーで販売されているパーツは純正品として扱われているため、その車種専用に作られたものが販売されています。次に、車のカスタムを専門にしているお店です。純正品や社外品等様々な種類のパーツが販売されており様々なパーツの組み合わせができるのも特徴の一つです。最後に、カー用品量販店での購入です。車内品など専用設計のパーツに比べドリンクホルダー等のどの車にも使える汎用品が多く取りそろえられてい ます。どこのお店でパーツを購入したとしても直面するのが取り付け方法です。車のパーツの取り付けには様々な特殊な工具が必要な場合も多いため一般の人での取り付けが困難なものも少なくありません。特にサスペンションなどの足回りは車の走りの中で重要な場所です。命にも直結する場所なので注意が必要です。パーツを購入したお店での取り付けも行っていますので知識の浅い方は購入店での取り付けを利用するのがいいでしょう

自動車を保有していると必ず受けさせなければならない法定検査が、自動車検査登録制度による車検です。車検に合格した自動車でなければ公道を走ることができず、車検切れの場合には運転者および保有者が法律で罰せられます。車検での検査項目としては、自動車と車検証が一致しているかの同一性の確認、自動車の外観や灯火類に問題がないかを目視でチェックする外廻り検査、前輪タイヤの横滑りの度合いを調べるサイドスリップ検査、前輪・後輪の制動力を確かめるブレーキ検査、スピードメーターが正常に作動しているかのスピードメーター検査、ヘッドライトの光量や光軸を調べるヘッドライト検査、排気ガスが基準に椅子02適合しているかの排気ガス検査のほか、下回りに不具合がないかを調べる下回り検査があります。これらの検査では厳密に測定基準が定められており問題がなければ車検に合格します。
なお、業者に依頼した場合には、問題箇所を基準に適合するように修理した上で書類を作成して陸運局に提出します。一方でユーザー車検など自動車を陸運局に持ち込んで行う場合には不合格になった場合には問題箇所を教えてくれるので、その箇所を修理した上で再検査を受けることができます。

自動車を改造することによって、変更点があれば記載しなくてはならない変更があります。
いくつか項目があります。
まず純正状態から、エ椅子01ンジンを違う型式のものへ乗せ換えた場合、オートマチック車をマニュアル車に変更した場合、車両幅を大きくした場合などがあります。
同じエンジン型式でも、ボアアップをし排気量を大きくした場合も変更が必要です。
日本では、排気量や車両の幅によって税金が変わってくる事から変更届けが必要になっています。
また、重要なフレームを変えた車両はきちんと構造計算を行い計算書を提出し国が定めた安全基準値に収まる必要があります。
この変更記載を行わずに、重大な事故を起こしてしまった場合、最悪の場合保険が下りないこともあります。
そのまま走行していることは違法な車両として検挙されます。
記載変更されていない車両は、保安基準に基づいた車検も受けていない証拠になります。
構造変更が必要な変更を行った場合には、必ず陸運局に行き、変更した箇所がきちんと保安基準に沿った内容になっているか確認が行われる必要があります。
認められれば、車両形式の後に改と書かれた車検証が発行されます。
これが発行されて初めて公認の車両になります。