記載変更が必要ない場合とは

自動車を改造したり、ドレスアップを行う方が存在していますが、愛車を好みのスタイルに仕上げることに関しては、古い時代から注目されていることになり、専門誌なども発行されている状態になります。現在では特に高性能なパーツ類や、魅力的な外装品なども多数発表されていて、メーカーの純正品だけではなく、社外品も車種によっては数多くのものが発表されています。そんな中、改造を行うことに関しては一定のルールというものがあり、車検証で言う記載変更が必要とされる内容を持っているものがあります。しかし、記載変更に関しては、該当車両の場合では手間がかかることや改造の内容によっては支払う税金に変動が発生することもあるために、中には一定範囲内での改造を行っている方も多く存在しています。範囲内での改造に関しては、例えば車高ダウンに関することがあります。最低地上高が10センチ以上であれば問題が無いとされており、いわゆるダウンサスなどを利用する際にも注意が必要とされています。エアロパーツ類に関しても、基本的には元々の車体のサイズを逸脱しない範囲でセッティングすることによって、大きな問題が生じることなく利用することができます。エンジンルームに関しても、排気量などを変更しない改造の多くは、範囲内として利用することも可能とされています。