公認対策とは

公認対策とは、主に改造を施した自動車が車検に不合格になった場合に行われる対策方法のひとつです。
一般に改造車で車検が通らなかった場合の対策としては不合格になった部分の部品を車検時にノーマルに戻して、車検に通してしまうという方法があります。車検が通ったあとは、再び部品を取り付け改造を施すというものです。しかしこの方法では基本的に車検には通っているものの、車検不合格の状態であるため、何らかの違反を行った場合や取締のさいには整備不良として検挙されるリスクがあります。
もう一方の対策としては、車検時に部品をノーマルに戻すよりも取得に費用と時間が掛かりますが、陸運局に申し出て構造変更検査を受けて変更箇所を登録したり、また軽微な変更の場合には記載変更などを行うという方法があります。これは改造車であることを認めてもらうものす。ただし、改造のすべては必ずしも認められるものではなく、程度によっては認められないケースも多くあります。しかし一般には保安基準等の法律を満たしてれば認められるケースが多くあります。これらの申請が認められることで、車検に通ることができ、改造車であっても整備不良で検挙されるリスクをなくすことができます。