測定基準とは

自動車を保有していると必ず受けさせなければならない法定検査が、自動車検査登録制度による車検です。車検に合格した自動車でなければ公道を走ることができず、車検切れの場合には運転者および保有者が法律で罰せられます。車検での検査項目としては、自動車と車検証が一致しているかの同一性の確認、自動車の外観や灯火類に問題がないかを目視でチェックする外廻り検査、前輪タイヤの横滑りの度合いを調べるサイドスリップ検査、前輪・後輪の制動力を確かめるブレーキ検査、スピードメーターが正常に作動しているかのスピードメーター検査、ヘッドライトの光量や光軸を調べるヘッドライト検査、排気ガスが基準に椅子02適合しているかの排気ガス検査のほか、下回りに不具合がないかを調べる下回り検査があります。これらの検査では厳密に測定基準が定められており問題がなければ車検に合格します。
なお、業者に依頼した場合には、問題箇所を基準に適合するように修理した上で書類を作成して陸運局に提出します。一方でユーザー車検など自動車を陸運局に持ち込んで行う場合には不合格になった場合には問題箇所を教えてくれるので、その箇所を修理した上で再検査を受けることができます。