車検合格のポイントについて

自動車は新車から3年目、それ以降は2年毎に車検を受け、それに合格しなければ乗り続けることができません。通常、特に大きな不具合がなければ車検に合格します。ディーラーや整備工場などで車検を行った場合、車検に通らないような個所があれば、まずその部分を修理したり、部品を交換したりして、車検に通るようにします。また、今回の車検には通っても、2年後までには不具合が生じそうな個所も一緒に修理・交換するのが普通です。

車検の合否を示したチャートなどを参考にすると、どのような車が車検に通らないかがわかります。たとえば、ブレーキ一つとっても、パッドの残量が基準値を下回っていたり、ブレーキを踏んでもブレーキランプが点灯しないという状態であれば車検は通りません。また、タイヤのケースでは、溝が1.6mm以下であったり、幅があり過ぎてフェンダーから少しでもはみ出しているような場合も車検に通りません。

したがって、消耗品などは車検の際に交換してしまうのがオススメです。また、カスタマイズする場合は、車検に通る規定値内でカスタマイズする必要があります。純正のパーツであれば問題はありませんが、社外製品の場合は車検に通らない場合もあります。